ご利用までの流れ

短期入所生活介護とは(ショートステイとは)

在宅の要介護者が施設において、リハビリテーションなどの訓練を受け機能を回復し、
施設で多くの高齢者などとふれあうことによって、新たな人間関係や仲間作り、
社会的な接触を広げ要介護者の気持ちをリフレッシュさせ、生活を改善するところです。

また、要介護者の在宅生活の継続、あるいは家族介護者の介護疲れによる共倒れや
要介護者等への虐待を予防するサービスとして、その効果が期待されています。

「ショートステイみらい」ご利用の流れ

(1)
要介護者(ご利用者様)、ご家族様から、
担当介護支援専門員(ケアマネ)さんにご相談ください。

(2)
指定居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネ)より、
ショートステイ利用の依頼があります。

(3)
ご利用希望日、何故ショートステイを利用するのか等の情報を受けます。
部屋を確保し、要介護者(ご利用者様)の基本情報を頂きます。

(4) 
基本情報をもとに「ショートステイみらい利用者情報」の資料を作成し、
管理者・生活相談員(2名)で ご自宅、デイサービスや入院先等に訪問調査(ご本人面談)に伺います。

(5)
要介護者(ご利用者様)のご家族とショートステイみらいの契約を行います。

(6)
ショートステイみらいのご利用開始になります。

受け入れの基準

(1) 要支援1・2の方、要介護度1~要介護度5の認定を受けている方。
(2) 常時、医療行為が必要でない方。
(3) ご利用時、体調不良でない方。

以上の条件を満たしている方は、基本的に受け入れが可能です。
その他、ご利用に関しましてはご相談ください。